message

0711

私はもともとコンプレックスのかたまりでした。

髪は剛毛・多毛・癖毛だし、
目は腫れぼったい奥二重のぽっちゃり顔・・・。
美容室で鏡を見るのも恥ずかしかったし、
デパートの化粧品カウンターなんて怖くて行けませんでした。
(昔の卒業アルバムなんて見たくないから封印してます。笑)

でも同時に、きっとそんな思いをしている人って沢山いるんじゃないかなと。
だからあえて美容の道に飛び込みました。
そして“される側”から“する側”に立ってみると、
見えてくることが沢山ありました。

目が小さいとか、
おでこが狭いとか、
毛穴が気になるとか、
眉毛が変な形とか・・・

自分が人に見られたら恥ずかしい、気になると思っていた事なんて、
実はこっち側の人間は気にもとめていなかったと言うこと。
結局、自分が思っているほど人は私の事なんて見てないんです。笑

そしてヘアメイクとして活動していく中で1000人以上の方にメイクをしていて感じたのは、
自分の顔を愛してない人が沢山いるということ。

毛穴が・・・
シミが・・・
眉毛が・・・

お話を伺うとコンプレックスばかり気にしていて、
ご自身の素敵なところを評価していない。
もちろん人のすっぴんをマジマジ見る機会なんて普通ないですから、
比較対象がない分不安なのでしょうね。
でも1000人以上見てる私から見たら全然気にならない。

雑誌やTVに出ているような整った人なんて本当に一握りで、
でもそれは個性や才能と同じ類いのモノです。

あなたの周りにもいませんか?
決して美人ではないけれど、キラキラしている女性。
美人でなくても魅力的に輝いて見えるのは、
自分自身の素材を愛し、引き立たせる方法を分かっているからだと思います。

自分に自信なんてなくていいんです。
でも自分をまずは認めて受け入れてあげてください。
それだけで十分、素敵に変われます。
すべては自分の心次第だと思います。

このレッスンにお越し頂いた方になにか少しでも、
自分を愛せるようになるきっかけが作れたらいいなと思います。
お気軽にご相談ください。


IMG1106200708
新里沙智子  Sachiko Shinzato 

1980年生まれ 群馬県前橋市出身
7年間の美容室勤務を経て
表参道カマタメイクアップスクール(旧シュウ ウエムラ)に入学
ヘアメイクインターナショナル科を卒業後
フリーランスのヘアメイクとして活動を始める
クリエイティブな“アーティスト”ではなく
誰にでも手の届く“アドバイザー”的存在であることを第1に考え
企業との仕事(広告・書籍・CMなど)に携わりながらも
一般の人をメイクし続け
フリーランスとしては異例の年間300人以上を超える人数をメイクし続ける。

2014年9月 代官山にプライベートサロンをオープン
マンツーマンのメイクレッスンは三ヶ月待ちで全国からお客様が集まる。

2018年3月 書籍【どんな顔立ちでもハッとするほどキレイになる】
がインプレスより出版される。


《workd with》

Panasonic/ベネッセ/ダノン/千趣会ベルメゾン/サッポロビール/近畿日本ツーリスト/
宝島社/ハースト婦人画報社/世界文化社/徳間書店/八重洲出版/

クレイジーウエディング/大広/リクルート/シャルマンフルール株式会社/
CLATHAS/メディアフォーユー/EVIVO/歯愛メディカル/
ソニー・クリエイティブプロダクツ/ワーナーエンターテイメントジャパン/
丸栄商会/代々木アニメーション学院/ニシキ株式会社/
ジュネス企画/研音/きものヤマト/アミューズ
東海大学/ボイス・パブリケーション/栃木観光協会/Palm
maito/Harmony Ka/yuki/World Footwear Gallery

・・・and more(順不同・敬称省略)

ページ上部へ戻る