ブログ

スキンケアのお話、その2。

IMG_1795

 

さてさて、ちょっと間が空いてしまいましたが
スキンケアのお話の続きです。

沢山の商品がある中で何を使ったら良いのか分からないと思っている人は
実は結構多いんですよね。
メイクアップ用品然り、スキンケア用品然り。

化粧品カウンターで言われるがままに買ってしまってなんとなく使うより、
自分の肌をしっかり観察して、
今の自分の肌はこんな状態だから、じゃあこれをつかってあげよう!的な
判断がきちんとできたら素敵ですよね。
普段何気なく使っているであろうスキンケア用品の効果・効能を
簡単にまとめてみましたのでご参考になれば嬉しいです。

 

【化粧水】
洗顔後のバリア機能がない肌を安定させる為のもの。
次に塗るクリームや美容液の浸透をよくするためのものです。
よく、乾燥してるからと化粧水ばかりつけている方がいるのですが、
乾燥して皮膚の機能が低下しているときに過剰につけすぎてしまうと
敏感肌や赤み・炎症を起こしやすくする原因のひとつに・・・。
洗顔後、赤みが出やすい方やトラブル肌さんは、
化粧水を省いて保湿力のあるクリームをゆっくりゆっくり浸透させてあげた方が
お肌に優しい場合もあります。

 

【クリーム】
肌に潤いを与え、水分蒸発を防ぐもの。
乾燥が気になる人は必須。
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドが入っていると良いと言われています。
(ただ、コラーゲンは分子量が高いため外から内部には浸透しづらいので
口径摂取が一番効果が高いと思います。
もちろん保水力は高いので外からの刺激はちゃんと緩和してくれます^^)

 

 

【乳液】
簡単に言えば化粧水とクリームが混ざったモノです。
水分と油分・・・相反するモノが混ざると言うことは乳化剤が入っていますが
最近は天然成分由来のものなども使って作られているものも多いので
お肌にイイモノも増えてきました。
もちろんメーカーによって内容物や効果効能は違うので
しっかり使って見極める事が必要ですが、
水分油分を肌の内側に入れ込んで内部乾燥をしっかりサポートしてくれるものを選ぶといいかと思います。
ものによっては内部に浸透せず表面にべたっとした膜をはるだけのものもあるので
気をつけてくださいね。

 

【オイル】
肌の角質層を柔らかくして、
化粧水やクリームの浸透をよくしてくれます。
最近話題になっていますよね。
よく聞くオイルの特徴を少しご紹介しておきます↓
ホホバ油:人の皮脂膜と似ているので乾燥肌に良いです。
乾燥を防ぐビタミンA、再生を促すビタミンD、血流を良くしてシミシワを予防するビタミンEなどが豊富。
(人工心臓の潤滑油にも使われています)

アルガン油:抗酸化作用の高いビタミンEが豊富なのでエイジングケアに効果的。
オレイン酸が新陳代謝を活発にしてくれます。

オリーブオイル:オレイン酸が70%も含まれています。母乳や皮脂にも含まれる成分で、
乾燥を防ぎ保湿もしてくれます。(新陳代謝も活発に!)
そして抗酸化作用も高いです。

 

*オイルは酸化も早いので保存方法には気をつけて、
純度100%のものを選びましょう。
よく、鼻やおでこがテカるからクリームでの保湿は避けてるという方がいますが、
そういう方はだいたい目の下〜頬は乾燥しています。
(常に全体が皮脂っぽい方は脂性肌です。)
体は一生懸命皮脂をだして皮膚を守ろうとするので必然的に
皮脂の出やすい部分(Tゾーン)から過剰な脂がでてきてしまいます。
なので、そんな方こそ大切なのは保湿です。
しっかり肌コンディションを整えてあげてください。

 

そしてもうひとつ、多いのが、
乾燥してるから化粧水をとにかくいっぱいつけてます!という方。
でも全く改善されなくて・・・とだいたいの方がおっしゃいます。
水分を過剰につけてもどんどん蒸発しちゃうので、
そんな方はクリームでちゃんと蓋をしてあげてくださいね。

 

メイクレッスンにいらっしゃったり、私がメイクをさせていただいた時に、
保湿が終わった時点で『ちょっとほっぺた触ってみてください』というと
『え!普段はこんなにしっとりもちもちしてないです!』と驚かれる方が多いです。
顔を両手で包むようにして頬を触ったときに、
少し頬が手に吸い付いてくるくらいの感じが理想です。
べたべたするのが嫌いという方ももちろんいらっしゃいますが、
それはあなたの心の声。
もし肌(体)が保湿を欲しているのなら、
少しその声を優先させてあげてもいいかもしれませんね。
だって普段は『綺麗になりたい、可愛くなりたい』という心の欲求のままに
メイクをしてお肌に少し負荷をかけているのですから。

 

スキンケアに正解はありません。
教えてもらったことがすべてではないし、
何が自分に合っているかどうかはご自身でしか分かりません。
そして体は日々少しずつ状態が変わります。
一日二回は必ず顔を洗ったりメイクをしたりと自分の顔と向き合う時間があるはずなので、
そのわずかな時間でもしっかりとお肌の声を聞いてあげてくださいね。

関連記事

ページ上部へ戻る